アベシクリエイティブ制作秘話

作品づくりやロープ・身体表現、社会教育に関することを徒然に綴ります。

63.最近物語を楽しめるようになってきたというお話

どうもあべしです。

タイトル通りなのですが、最近、物語を読めるようになってきました。物理的には読めてたんですが、楽しめるようになってきたといいますか。そこらへんの心境をまとめたいと思います。

 

 

きっかけ

観に行く予定のダンスの公演が作家のミヒャエル・エンデの作品に着想を得たということで、同じくミヒャエル・エンデ作の『モモ』を読んだことと、映画『PERFECT DAYS』を観たことが大きいです。

 

・・・正確には、作家や監督のインタビューを読んだ/見たことがより大きいでしょうか。

ミヒャエル・エンデ氏&映画監督のヴィム・ヴェンダース氏が全く同じことを言ってるわけではないでしょうが、僕は「つじつま合わせや後付けじゃない、世界の構造から来るストーリーがある」(のを辛抱強く見つける)みたいな感じを受け取りました。

 

ものごころついた時から、“少年漫画”に慣れている?自分は、「能力」や「過去編」に慣れきっていたのですが、上記のことをきっかけにお話・物語は、“そういうの”だけじゃないと思うようになったのです。

 

自分の暮らし(なわ)との関わり

人生もそうなのかもしれませんが、物語はまさに、「過程を楽しむ」という要素があるなあと感じています。(そして、これが自分が今までできていなかったなあと感じる部分)

 

例えば、物語で「魔女の家」が出てきた時に、「どんな大きさ?素材?」「庭ある?」とか「ペットいる?」みたいなのを想起するとか。

 

これまでの自分は「はいはい、主人公が魔女の家に行ったんですね(流し読み)」していました。(ビジネスライクとでも言いましょうか)

 

なわ(とび)でいうと、「はいはい、前跳び(O)したのね」みたいな。それが「どう跳んだ?もしくは越えた?」「そのとき腕は?」とかを気にするみたいな、そんな感じ。

 

また、作家や監督のお話に照らし合わせると、自分は、最近は、いわゆる(レベルの高い?見栄えの良い?)“技”みたいな「“強い”物語」というよりも、“構造”(重力?遠心力?人体構造?)から来る動きみたいなのを探求してます。

 

参考書との違い

そんな訳で物語と参考書との違いも感じてます。

まさに映画『PERFECT DAYS』で主人公の平山さんが1冊ずつ古本を買っていましたが、確かに物語は1冊ずつしか読めないと感じてます。

 

すべての文章が本番で、流れ/順番があるイメージなので。

 

一方、参考書は「結論→具体例」みたいな。目次を見て好きなところから読み始められるみたいな。

参考書的には「結論:王子がドラゴン倒した」なのですが、物語的には、「どんなドラゴン?王子?」「どうやって倒した?」とかが大事、みたいな。

 

まとめと今後の展望のような何か

確かに、まさに人生も結論を言うと「生きて死んだ」でしかないので結論だけを重視しすぎるとちょっぴりさびしいかも?

 

今後は、僕自身も“過程を楽しむ”眼差しを共有するような(ロープ)パフォーマンスなり作品を作っていきたいですね。

 

というわけでみなさまもよい物語ライフを。

 

 

 

最近はまってる魔法の森シリーズ

 

62.ロープ操術とはなんぞや

どうもアベシです。

最近、「ロープ操術」がだいぶ体系化?できてきたので、いったん現段階のものを整理しておきたいと思います。

言葉の響きからもわかるように今話題の「呪術廻戦」から多大な影響を受けています。

 

最近「あなたから思想を感じる」と言われることがしばしばあって、確かにロープ(を扱うこと)そのものにいろいろ乗せてるものはありますが、それはまた次回。

 

今回は体系図?をまとめるのにとどめておこうかなと思います。それではどうぞ。

 

 

ロープ操術って?

文字通り、ロープを操る術式です。

僕自身、なわとび(ジャンプロープ)やロープフローを経験している以上もちろんそれらにも影響を受けていますが、“それ”だけじゃなくもっと広く(多様に)ロープを動かしているため、「ロープ操術」と呼ぶしかないような感じ。なんかかっこよいし。

ニュートラル・順転・反転

「操術」というと原作でいう、夏油傑の「呪霊操術」を想起すると思いますが、五条先生の「無下限呪術」の方も参考にしています。個人的に、「よくわからん(すごい)術式」というのに衝撃を受けたのです。(自分に投げられた物体をオートで識別するとか!生身の体で!)

 

・・・というわけで、僕は(僕の)ロープ操術は次のように整理してます。

 

  1. ニュートラルなロープ操術:伝える/伝えられる力
  2. 術式順転「むすび」:つなぐ力
  3. 術式反転「くぎり」:分ける力

 

これら、日常生活でロープ持ってない時も使ってる気がします。

 

虚式の発見

原作では、順転と反転を合わせて、新たな(仮想の質量を押し出す)術(虚式)を生み出してました。

・・・というわけで、僕もふとやってみたら・・・できました

教えてくれた方の名前ともかけています。

↑こんな感じ。

今後の展望

上記の虚式を発見してから「想像できることは、できる」気がするようになりました。

 

ロープ操術を極めていくと、環境、重力、物理法則/社会の法則?みたいなものと一体になっていく気がするんですよね。

そこで、この世のすべての力を統合するという超弦理論超ひも理論)を組み込んだ「超弦呪術(※呪いません)」にするのが目標です。

 

大きく想像しときたい



おまけ:「ロープ操術」と呼ぶことでの効果(主観)

自分がやっていることを無理に、なわとび・ロープフローの枠組みに当てはめなくてもよくなって、いろいろ楽になりました

「なわとびみたいな感じで・・・」とかではなく「『ロープ操術』やってます」みたいな。

 

またしばしば聞かれる「なぜ(ロープなの)?」という言説を無効化できる気がしてます。

というのも、その質問は、元ネタ呪術廻戦でいうと「なぜ夏油傑の術式は呪霊操術なの?」と聞くのと同じなので。わからんですよね。

 

ただちょっと「操術」と漢字を変換するのがめんどいくらい。

 

そんな感じ。

 

それではよい術式ライフを。

 

 

 

61.民族音楽との即興コラボをしてみての感想

どうもあべしです。

先日、とある文化イベントにて、民族音楽サークル?の方が演奏されている中、飛び込みで“ロープをやる”機会がありました。

今回はその経験を通して、自分の中で発見があったので書こうと思います。

 

 

即興コラボの経緯

会場にちょっとしたスペースがあったので、民族音楽サークルの方が演奏してる横で、ロープしてました(自分は練習する時、音楽をかけるというより、そこらへんの音・音楽を利用することをよくやってます)。すると、イベントスタッフの人に、「あちら(サークルの方の前)でやってみましょう!」と声をかけられました。

 

ちょっと恥ずい&演奏されてる人より自分が目立つのはどうかなあと思って、ためらいました。が、修行のつもりでやってみました。すると、自分も楽しかったし、通行人も足を止めてくれていたし、音楽サークルの方も嫌そうな顔をしていなかったので、まあやってよかったのかもしれないと思うに至りました。

 

ロープを止めて揺れてる人
発見1:自分の“ロープ(なわとび)する”の変化

ここ数年で運動の強度としてはだいぶ落ちてます。ただゆっくり動いたり、止まったり、跳んだり跳ばなかったり、以前に比べればだいぶ心地よく動き続けられるようになってきたかなあ、という印象。

 

発見2:空間として?

結果的に、その空間にとってプラスかどうかが大事で、自分が目立つとか目立たないとかはあんまり重要じゃないのかしら、と思うようになりました。

 

今後に向けて?

「自分が目立つか目立たないというよりも空間にとってどうか」を考えると、自分にとっては「スゴイ技ができるか」よりも「環境に対して反応できるか(刺激し合えるか)」が大切かも?
今回も演奏家のリズムに合わせて、ステップを踏んでみると反応があった印象。

庶民?が軽やかにスキップするような音楽のイメージとかも表せるロープダンサーになりたいですね。

 

それではよい即興コラボライフを。

 

 

 

60.「ブラック」を防ぐには「ローカル」が必要なのではないかというお話

どうもアベシです。生きてます。最近3Dプリンタを買いました。
前に(職業用)ミシンも買ってるので、これで扱える素材が、紙+布+プラスチックに増えました。あとは、木材、金属、食料とかでしょうか(どこに行き着くのでしょう)。

 

「ものづくり社会教育士」などと考え中。一方でなわを使って体も動かすし・・・自分を一言で言うとなると難しい・・・。

 

 

さて、今回はやっとブログを書く余裕ができたので、ビッグモーターの件とかを受けて考えてたことを書きたいと思います。

 

僕の関心は

「どういう要素があれば、あんなこと(社員をないがしろにしたり、不正をしたり)に歯止めがかかるのか」

 

自分の商店街地域での労働経験も踏まえてまとめておきたいと思いました。

 

 

結論から言うと、タイトルにある通り「ローカル」の視点・要素が必要ではないかと考えてます。

 

「ローカル」・・・いろんな意味がありますが、今回で言うと、

仕事・働く人と、その地域やその人の暮らしとがある程度接続されていること、でしょうか。

 

極端に言うと「ご近所さんにひどいことできますか?」ということですね。

「会社員でもあるけど、地域や家庭の人間でもある」と言われていることでもあります。

当たり前と言えば当たり前ですが。

 

 

僕自身、商店街地域で働く中で、例えば雑談の中で「近所のとこでずーっと車検出してる」とか子育てや介護の話を聞いたりする中で、自分が「会社員」であった時より、「ローカル」みを強く実感しています。

 

 

こう書いてみると自分の中で、ブラック校則とか

「なぜ、組織になるとそんなことができるのか」みたいなのがずっとテーマにあるのかもしれません。

 

「預かった車、ちゃんと点検しました⭐︎(嘘)」

「ご主人がノルマを達成できてなかったので“指導”しときました!」

「あ、お子さんの下着(とか靴下)の色は〇〇でお願いしまーす」

(↑こういう校則、実際に体験済み)

 

とか、こういったことを

 

あなたは個人として近所の人(仮)に、言えるのか?(言えないようなことならするなよ)と。

 

 

ビッグモーターだと立地も郊外で、街路樹にしても(人にしても)「地域の」公共物という意識を持ちづらい環境であったのかもしれません。

(ふと。思い通りにならない社員が居場所をなくす会社。その会社(組織)自体が「社会」に居場所がなくなるという皮肉・・・?)

 

 

じゃあ具体的にどうすれば「ブラック」なものに、「ローカル」の視点を取り入れられるかは・・・今後の課題。

 

考えていくと、地域というのはその土地に「縛る」とか「煩わしい」とかいうイメージもあるけれど、一方で「地域の人が見てる」(お天道様が見てる)的な歯止めの役割も一定あるのかも?

 

ビッグモーターの件を受けて、自分は組織や地域とほどよい関係を築ける人間になりたいなと思ったのでした。

 

それではよいローカルライフを。

 

 

 

59.郡上おどった感想〜カルチャーと身体と〜

どうも、あべしです。

昨年に引き続き、今年も台風絶対(地理的に)避けるマンになることができ、先日、郡上おどりを体験する機会に恵まれたので、忘れないうちに感想書いておきます。

 

 

 

カルチャー的な

第一印象「“クラブ”みたい」と思いました。音楽がかかって(演奏されて)、大勢の人が踊って・・・夜明けまで。

とても現代的?というか普遍性?を感じました。

 

浴衣や下駄(衣装)と、決められた振り付け・・足を踏み鳴らす下駄の音での謎の一体感・・・「若者は(?)“これ”があるのに、ハロウィンもするのか・・・」などと思いを馳せたりもしました。

 

体の動かし方について〜振り付けとか下駄とか〜

踊りは現地で見よう見まねでなんとかしました。

全貌を把握したわけではないですが、ダンスや音楽でいうの8カウントや小節という捉え方ではないのかしら?と。個人的には文字通り「体で覚える」という印象でした。「右足の次は左足を出したら心地いい」みたいな。

 

そして、自分は途中までサンダルで踊ってたんですが、「これでずっとやってると、サンダルの底が(地面との摩擦で)なくなる・・・」というのと、やはり音を出したいという思いにかられ、現地で下駄を購入しました。(足を踏み鳴らす、ような動きも多いのです)

 

物心がついて、初めて?下駄を履いて移動したかもしれません。足がめっちゃ疲れました。

 

買った下駄

なわとびやってると他の人から「なんでそんなに長い時間練習できるの?」などと言われることもありますが、今回は僕の方が「なぜ下駄でそんなに動き続けられる・・・?」と他の人に思う感じでした。

コロナ禍ぐらいから、自分はずっと「地に足をつけたなわとび(矛盾)」を志向してきた部分もあり、ここらへんに何かヒントが隠されていそうな気がしてます。

 

総じて、これまで自分が見てきた・してきたダンスや音楽、地面の踏み方は世界の一部にすぎないかもしれないなどとぼんやり思ったイベントでした。

 

おわりに

友人は朝の5時(最後)まで踊ってましたが、今回自分は下駄で疲れすぎて、途中でリタイヤ・・・朝まで踊りきったらまた見える境地があるのかないのか・・・。

 

最近はAIの話題も多いですが、(そうしたものがどれだけ発展しても)どう考えても「身体」はある、と思わされますね。

 

それではよい盆踊りライフを。

 

 

58.「しじょう」と「いちば」:市場価値について

どうもアベシです。生きてます。

タイトルについて、去年ぐらいからずっと頭の中にあることなんですが、「幼稚か?いやでも確かにある」と思うので書いて頭をすっきりさせておきます。

 

 

背景

背景として、気を抜くとすぐ転職関係のCMなり広告が入ってくるのと、現在僕自身が文字通り「いちば」の近くで働かせてもらってるというのが関係しています。

 

要点

今回の記事の要点は何かというと、同じ「市場」という漢字ですが、いわゆる「しじょう価値」との対比として「いちば価値」というものがありうるのではないかというお話です。

 

確かにある「いちば価値」

「いちば価値」って何なのよということですが、まず「しじょう価値」についての僕の理解を確認しておきます。

 

「しじょう価値」・・・「年収」とか「交換可能性」に関する価値でしょうか。(お金自体が交換の原理によるものなので、そりゃそうか・・・)

 

一方、僕がしみじみと感じてきたのはそれとは異なる原理の価値がありうるということです。

 

具体的には・・・一番シンプルに言うと、「高いとこに手が届く(物理)」とか逆に「低いとこに潜り込める」とかもあるかも。「重いもの運べる」とか。

 

うまく言えませんが・・・現在リモートワーク等も普及していますが、書類の束なり材料・道具などの物質(時には他者のからだ?)に触れる/移動させる機会は確かにある。そういう部分が「しじょう価値」的能力だけでは覆い隠されているのではないだろうか・・・と。

(こういった観点はいわゆる「ケア」に関する仕事の待遇(の改善)と関係してくるのかもしれない。)

 

また「いちば価値」に(も)重きを置くのであれば、むしろそこで働く人は健康でいてほしい、となるはず。・・・単に道徳的な意味じゃなく、文字通り身体が価値を生むので。そうなると、ごはんもモリモリ食べてほしい(提供するお店も繁盛する)し、やっぱり文字通り「いちば」な価値ですね。

 

今後について

最近、人生どうなるか本当にわからないなと思わされることが多いです。健康的な意味で。

(健康の重要性を見たり聞いたり、実感することが多いです。・・・その中で、なぜ、より抽象度の高いもの(フォロワー数だとか)を人は目指すのだろうか・・・お金か・・・)

 

・・・とすると、体なり頭が動くうちは、自分のやりたいこと&どうやら世界の役にも立っている/立つであろう「と自分が思うこと」に取り組むしかないのかなあと考えております。

 

具体的には、なわや学び?ものづくり?に関することでしょうか・・・。

 

それではよい「いちば」ライフを。

 

 

 

57.人との「つながり」に関する奇妙なお話

どうもあべしです。生きてます。が、ちょっと精神的ゆとりがなく、ブログもなかなか更新できませんでした。

 

先月は縁あって、①コンテンポラリーダンスの発表会や②ジャグリングの大会で、なわや身体を使ったパフォーマンスをしたり、③友人のダンサーのイベント(出国パーティ!)に顔を出したりしてました。

まさに自分の(パフォーマンス・身体的な)ルーツを巡る旅の月となりました。

 

今月はジャグリング雑誌に載せるための「ロープ」に関する記事を作成中です。

 

さて今回は、③の友人のダンサーのイベントにて、興味深い体験をしたので、メモを残しておきます。

 

何かというと、僕の友人の、その共演者に関係のある人と一緒にごはんに行って静かに楽しかったのです。

本人ら不在

 

それだけなんですが、自分が何を感じたかというと、これまで、「人と人とをつなぐのが得意」などという人間に出会ったり、そういった言説を見聞きしてきましたが、

それはその人の(個人的な/コミュニケーション的な)能力なのだろうか

ということです。

 

今回、僕の友人も、その友人の共演者も「みんなでご飯行ってきたらー」などとしたわけではありません。

言うならば、友人やその共演者の方のこれまでの活動、人生の積み重ね・・・その場に「居た」人も含め、もはや「存在」がつながりを生んだと言えないでしょうか。

 

③のイベントでは、友人のダンス(身体表現)に対する真摯な姿勢を見て、また上記のことから、探求・活動し続けることが結果的に存在として何か生むことにつながるのではないかと勇気づけられた気がしました。

 

自分は自分にできることを、なんやかんややっていこうと思います。

それではよいつながりライフを。