アベシクリエイティブ制作秘話

作品(主にアナログゲーム)づくり・なわとびのメモを社会教育士が徒然に綴ります。

36.「ダンスなわとび」はいいぞ。

あべしです。HPを作ってから久しぶりの投稿です。書くなら自分のHP上でやれるし、なわとび博も忙しかったからですね。でも気軽にかけるのがフリーなブログの良さでしょうか。

 

というわけで、これまでもけっこう書いてる「ダンスなわとび」について。

 

最近、前跳びー後ろ跳びを行ったり来たりできる方法も発見して、後ろ跳びもやってますが、やはりいろいろ発見がありますね(10年ぐらい前跳びしかしてない人)。その発見というか自分の感覚をメモしときます。

それがこちら↓

f:id:abeshi-creative:20220219212102p:plain

縄を越える性質上、前跳びは前へ、後ろ跳びは後ろに足が運ばれがちなので、

・前跳びだと「挑む」「進む」

・後ろ跳びだと「構える」「様子を見る」

みたいな気持ちに自分の中でなる気がしてます。

また、いわゆるダンスでいう「アップ」「ダウン」みたいなノリで言うと次のような感じもあります。

f:id:abeshi-creative:20220219212824p:plain

ここいらが、自分で!調整できるのがダブルダッチにはない単縄の魅力だなあと思ってたりします。まさに自分の人生をコントロールするのは自分!みたいな?

&音楽で言うと長調短調みたいな?

 

最近、自分の中でなわとびが「技」(とか「ステップ」)ではなくなってきていて、そういうのを言語化・体系化していきたいと思っている今日この頃なのでした。ではまた。